夜行バスの予約の仕方

インターネットで予約してカード払い

一般的な路線バスに乗るとき、特にチケットなどは購入しません。大抵は後払いになっているので、乗車した分に対して降りる時に支払います。共通料金の時は乗車時に支払うケースもあります。夜行バスとなると長距離になります。路線バスのように座ったり立ったりではなく、必ず座席を決めなければいけません。利用する時にはどこに座るのかを決めてからの利用になります。予約の方法としては、インターネットから行えます。バス会社であったり、いろいろな会社の予約を受け付けているサイトなどで行います。予約をすれば代金の支払いをしますが、クレジットカードで支払えば簡単に済むでしょう。チケットは電子タイプやプリントをするタイプなどがあり、乗るときに見せます。

コンビニで購入をしてチケットを取得

急に出張が決まったり遠方に行く必要ができた時、夜行バスを利用していくときもあるでしょう。インターネットの利用ができれば予約もしやすいですが、インターネットが接続できない状態やスマホを持っていないとなると予約ができません。バス乗り場に直接行ってもチケットは購入できないので、何らかの形でチケットを入手する必要があります。この時の予約の方法として、コンビニで購入するという方法があります。バスの運行会社によって対応しているコンビニがあるので、そのコンビニを選んでマルチメディア端末を操作します。端末の中に予約のための画面があるので、そちらを選択してください。支払いもすべて終えられ、紙のチケットも出てくるので受け取って乗るときに渡します。